アーツアライブは、アートが全ての人々の生活の一部となるように、
アートを通して人々に喜びと生きる活力を与えます。

ACP:認知症の方への対話型作品鑑賞 グループホームで連続実施

グループホーム「愛の家 武蔵中原下小田中」さまで月2回の施設内のACPを連続実施しました。
以前より美術館のACPにご参加された方が多くいらっしゃり、
そのことを覚えていた方も!

時間が近づくと会場の部屋にゆるやかに参加される皆さま。
エデュケータ―と世間話から始まって、とてもリラックスした雰囲気のACPでした。
いつも静かにTVを見て過ごす方が、ACPでは多くの発言をしてくださいました。
回を通して全て参加してくださった方は、席に着くと前回を思い出し、
毎度楽しく鑑賞してくださいます。
また、1時間の実施ですが最後まで集中してご覧になって、終わってもまだお話が尽きない様子が
印象的でした。
みなさん作品を通して自己表現や、新たな発見という知的な刺激を持ちかえってくださったと思います。
アートは美しいだけでなく、様々なものをもたらしてくれますね!
以下実施のダイジェストです。

全6回 14:30-15:30
参加者:3-6名
2013/11/16(土)
2013/11/30(土)認定エデュケーター 五十殿さん
2013/12/14(土)
2013/12/21(土)
2014/ 1/11(土)認定エデュケーター 臼井さん
2014/ 1/25(土)認定エデュケーター 熊倉さん

「この人はなにをしていると思いますか?」の質問に考えるみなさん
d0227334_17222881.jpg




















作品の補足説明や時代背景についてもたくさんの会話がありました
d0227334_17400570.jpg


















d0227334_18025119.jpg

















d0227334_17554888.jpg
by artsalive | 2014-04-15 18:11 | アートリップ(ARTRIP) | Comments(0)